ぶっつけ本番ではいけない面接

面接対策の有無が運命を分ける

 履歴書の作成に追われ、急いで就職することだけに目が行き面接対策を疎かにしている人は、力作であるその履歴書を無駄にし、さらに就職を手にする日が延びてしまうかもしれません。

 それほど面接対策は就職活動において大きなウエイトを占めます。高卒者は人生経験が大卒者や転職者と比べると少なめです。

 それを補うのが面接対策。これをするかしないかが運命を分けると言っても過言ではないでしょう。

 また、面接対策はテストの一夜漬けのようなものでもいけません。就職活動を始めると同時に意識し、徐々に仕上げていくのが理想です。

 見た目、言葉遣い、服装の用意、動きなど、細かく見ていけばとても数日でできるようなものでは決してないのです。
 

偏見を避けながら面接対策を

 面接対策で意識したいことは、偏見を捨てることです。頭の中にある面接のマナーが正しいとは限りません。

 また、自分の姿は唯一自分だけが見えないわけですから、客観的にチェックする工夫をすることでもこの不要な偏見を捨て去ることができるでしょう。

 客観的に見る方法は幾つか考えられるでしょう。就職希望者を対象とした面接対策セミナーに参加する、就職エージェントスタッフにアドバイスを求める、ビデオ撮影などを行い客観的に見てみるなどが現実的な方法です。

 偏見を捨てたことで見えてきた新たなポイント、これを積極的に取り入れ面接対策としてみましょう。
 
 
<関連記事>

  • 面接時の服装で決まる第一印象
  • 入室と退室を自然にこなそう
  • 面接後のお礼状は“社会人であること”を示すチャンス!

  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る