ファイナンシャルプランナーの強み

①注目度の高いファイナンシャルプランナーについて
 ファイナンシャルプランナーの資格を取れば、 高卒でも資格次第で安定した仕事をつかむことができます。たとえ大学が卒業でなくても、憧れのファイナンシャルプランナーとして働けます。

 ファイナンシャル・プランナーは、近年とても注目されているお仕事です。Financial Plannerを略してFPとも呼ばれていて、顧客のニーズに合わせた資金計画に対するアドバイスをします。

 個人や団体のライフスタイルに応じた計画書の作成やアドバイスが必要で、収入、支出、借金、家族(社員)構成、資産のヒヤリングを行い、聞いた情報をもとに、資産運営について一緒に考えます。

 個人であれば住居・保険など資産の購入、子どもの教育資金、老後への貯蓄のプランを立てていきますので、顧客の将来や運命がかかっていると言っても過言ではありません。

 老後資金の検討や保険の見直しが勧められている今、FPの存在が見直されていて注目度がとても高いのです。高卒でも資格を取れば、就職口を見つけることができるでしょう。

②ファイナンシャルプランナーのお仕事内容と活躍の場は?
・お金のアドバイス
 直接お金を運用する銀行、郵便局、信託銀行での金銭のアドバイスをするお仕事があります。個人資産について、効率の良い方法について説明をします。

・資産運用のアドバイス
 直接お金の運用方法ではなく、目に見えない商品の運用についてのアドバイスをします。保険や株がその一部で、新規購入、買い替えなどについて考えます。
 一定の生命保険会社や、保険の見直しやさんが仕事先の一部です。他にも、不動産運用のアドバイスとして、購入をする企業や個人の仲介に入る事もあります。

・起業をする
FPの資格を持っていれば、独立することも夢ではありません。プランニングの相談を請け負う仕事では、相談料での収入を得ます。セミナーでのスピーチや原稿を執筆したりと、個人で事務所を持ち仕事をします。

・企業内でのアドバイス
金融業界や株、不動産業とは全く別の企業に就職することも可能です。就職した企業内では、従業員を対象にお金や人生設計のプランを組み立てる仕事もあります。お金にまつわる人生設計のプロとしていろいろな方面から頼られる仕事です。

③ファイナンシャルプランナーの適性とは?
 ファイナンシャルプランナーは、お金にまつわる話が多くなり、お金に関する細かい計算や相談が苦ではないことが第一条件です。また、株式や不動産、法律の話にも絡むことが多いので、そのあたりの話が苦手ではない人、また知識を得たいという人にお勧めです。

 また、個人的なデリケートな話を聞くことも多いです。適切なファイナンシャルプランを提供するために家庭内の話や企業の内部事情についてのヒアリングをします。

 どんなに小さなことでも個人情報の流出はあってはならないことです。約束や秘密を守れることは当たり前のことです。どんな人にも秘密をしゃべらない口が堅い人でなければ仕事が務まりません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る