入社の挨拶は臨機応変に

個人的に行う挨拶と全体への挨拶

 挨拶、これは人と人とが接する時には必ず行われることであり、生きていく上でも必要不可欠なもの。だからこそ就職活動やその後の社会人としての生活にも重要な意味を持ってくるのです。

 内定を獲得することができたら安心してばかりいるのではなく、早速入社準備に取りかかり、挨拶についても考えておきましょう。

 入社後の挨拶は主に個人的に行うものと会社や部署全体に行うものとに分けられます。

 前者はさほど難しく考える必要はありませんが、これひとつで仲間として迎え入れてもらえるかどうかが決まるので疎かにはできません。

 ながら挨拶ではなく相手に向かって丁寧にハッキリと喋り、短い言葉でまとめます。相手の仕事や作業の邪魔にならない配慮も必要です。

 全体への挨拶は、内容があるものにしなければなりません。
 

事前にパターンを用意しておこう

 入社後の挨拶については事前にパターンを用意しておきたいものですが、特に全体への挨拶には気を遣いましょう。

 丁寧にハッキリと喋ることは変わらないものの、入社してみなければ社内の雰囲気やそこにいる人たちのことはわからないわけですから、複数のパターンを備えておき、臨機応変に繰り出すようにまとめておくと安心です。

 そもそも挨拶と自己紹介は混同しない方がいいでしょう。自己紹介の場は改めて用意されることも多いので、挨拶は短めに簡潔にが基本。

 短い挨拶でもそこに「お世話になりたい」という気持ちが醸し出せれば、挨拶としては大成功。仕事に取り組みやすくなるはずです。

 これも状況によって変えられるようパターンを複数用意しておけば完璧です。
 
 
<関連記事>

  • 入社前にチェックしておくべきポイント
  • 途中入社における注意点とは

  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る