営業職に就職するため知っておきたいこと

1.営業ってどんな仕事なのか?

 営業とは、顧客に商品やサービスを売り込む仕事のことです。最終的には商品の購入やサービスの利用をしてもらうことが目的になります。営業ができないと、どんなに良い商品やサービスでも買ってもらったり使ってもらうことができず、会社や店は収入を得ることができません。そうなると最悪な場合、従業員に給与を払えなくなったり、会社が倒産する可能性もあります。

 企業にとって良い商品づくりや、良いサービスの提供は大切な仕事ですが、それと同時に営業力を持つことも重要な仕事です。

 営業マンは通常、会社内に閉じこもっているだけではありません。顧客に会いに行って商品やサービスの説明を行ったりします。社内に残り電話やメールで顧客とやり取りをすることもありますが、1日中ずっと職場で過ごすわけではありません。

 また、会社によって顧客も違ってきます。例えば部品メーカーの顧客はBtoB(企業対企業)になりますが、保険営業の顧客は企業の場合もあれば、私たち一般消費者の場合もあります。

2.営業職の年収は?

 どの業界の営業職かによって大きく違ってきます。また、企業の業績の良し悪しや、本人の成績によってもかなり差が出てくるのが営業職の年収です。

 営業職ほどどれだけ会社に貢献できたか?成果が分かりやすい仕事はありませんから、同じ会社の営業でも、その人その人で年収が違ってきます。

 ちなみに、営業職の年収は成績の良し悪しに関係なく支払われる固定給にプラス、営業成績で支払われる歩合(ぶあい)制度を取り入れている会社も多いようです。そのため厳しいながらも若くても実力があれば良い年収をもらいやすい職種とも言えます。

3.営業職に向いている人、向かない人

 営業マン=押しの強さだと勘違いされている方も多いようですが、実際はそれだけではありません。もちろん押して押して商品やサービスを販売する営業マンもいますが、口数は少なくても、顧客の懐に飛び込んで人柄で購入・利用してもらう手法の営業マンもいます。ですから口下手だから営業に向かないとも言い切れません。

 しかし営業であれば、商品やサービスを勧めることに抵抗のないことが最低条件です。「この商品を売ることはお客さんのためにも我が社のためにもプラスになる」と考えられる思考の持ち主である必要があります。

4.おわりに

 営業職に学歴は関係ありません。ですから実績を挙げれば高卒者でも大卒者に負けない仕事が可能になります。自分の頑張り次第で認められる営業の仕事は、やる気のある高卒者にオススメの職業です。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る