就職準備の第一段階・計画

就職活動にはどの程度の計画が必要か

 就職活動を数日で終わらせられる人はいません。立場や状況にもよりますが、半年から1年間をかけてじっくりと行うのが就職活動というもの。

 ですから無計画ではいけません。就職活動の準備の最初の段階として活動計画はとても重要な意味を持ってくるのです。

 どの程度の計画をしておけばいいのかも立場や状況に左右されるでしょう。ただ、計画全体を大まかに整理し、どのくらいの時間をかけてそれぞれをこなしていくのか、といった程度のまとめ方でも問題はありません。

 あまりキッチリと計画表などを作成してしまうと行き詰まった時に身動きが取れなくなるので注意してください。
 

計画が崩れそうになった時の対処法

 大まかな計画であっても、いざ就職活動を始めてみるとそれが崩れてしまう、あるいは崩れそうになることがあります。

 特に高校を既に卒業している就職希望者にとってこれは大きな壁となってしまうでしょう。そんな時の対処法としては、計画を見直す、就職の専門家に意見を仰ぐ、高校の先生などに相談するなどの対処法が考えられます。

 どれも有効ですし、どの対処法を試してみてもいいでしょう。それから新たな計画を立て直すことで就職活動が頓挫することなく、最後まで遂行できるようになるはずです。

 全ての対処法に共通して言えるのは、「一旦足を止める」こと。無理に焦る必要はないのです。
 
 
<関連記事>

  • 気持ちの目的と最終的な目的
  • 高卒の就職希望者の就職率
  • 高卒の就職と苦手な電話応対対策

  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る