履歴書の本人希望欄の役割

本人希望欄で意思表示を

 履歴書には「本人希望欄」というスペースが用意されていますが、高卒者の場合、ここには無闇に触れないようにしようと考える人が多いかもしれません。

 確かにそうした慎重さは大事にしたいですが、就職してから後悔することがないよう、必要であればこのスペースを有効に活用するようにしましょう。

 そもそもこの本人希望欄とは何か。役割としては、応募者の意思を提示すること。具体的には希望する職種や部署、条件や勤務地などを記載します。

 働きたいと思った企業に応募してはいても、ロボットではないわけですから何かしらの希望はあるはずです。その意志をこの本人希望欄で示さなければなりません。

 「この希望が通らないのであれば、採用されなくても仕方ない」、そうした強固な意志を示す役割もあるため、妥協した就職にならないためにもよく考えて埋めるようにしてください。
 

内容と書き方次第では不採用に

 履歴書の本人希望欄の書き方次第では、もちろん採用が見送られることもあります。その多くは企業の求めている人材とかけ離れている場合です。

 募集している職種を希望しないと書かれている、希望条件がメチャクチャ、これでは「採用しないでください」と言わんばかり。

 本人希望欄が埋め尽くされている、こんな書き方でも当然のように書類審査の段階で弾かれてしまうでしょう。

 就職することを一番に考えているのであれば、「貴社の規定に従います(準じます)」といった書き方が無難。

 ちなみに、「御社」という言葉を使用してもいいですが、これは話し言葉なので、履歴書などの応募書類には「貴社」を使用した方がいいでしょう。
 
 
<関連記事>

  • 履歴書は全て見られている
  • 履歴書の中での学歴の重要度

  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る