気持ちの目的と最終的な目的

就職する目的を明確にしよう

 就職活動をしようと思った目的は何でしょうか。大学への進学ではなく、フリーターを選ぶでもなく、就職しようと思った目的が必ずあるはずです。

 「それが生きるということだから」と、社会という流れに沿った生き方を当たり前だと思いつつ就職活動を始める人もいるかもしれません。もちろん正しい行為です。

 大事なことは、就職活動を本格的に始める前に、もう一度そうした気持ちの整理をして、就職する目的を確かにしておくこと。

 自分のためならず、家族のためという目的でもいいでしょう。それが明確になっていさえすれば、活動を途中で諦めることも少なくなるでしょう。

 これが就職準備に必要な、そして自らにパワーをくれる要素となります。
 

就職活動の最終目的を定めよう

 就職準備のひとつである目的を定める行為には、気持ちの上での目的の他に、最終目的を定めておく必要があることも忘れてはなりません。

 これは、自分が働きたいと思っている業界や業種、職種へいつまでに就職する、ということを明確にしておく作業です。

 この目的がなければこの先の求人探しもグダグダになってしまうでしょうし、やはり諦めたり、活動がズルズルとした状態になり就職そのものが先延ばしになってしまう事態も起こり得るでしょう。

 何かがキッカケでこの目的が変わってしまうことは考えられます。それは悪いことではありませんが、少なくとも活動を始める時には最終目的を明確にしておかなければスタートが切れない、切っても無駄だと心得ておきたいものです。
 
 
<関連記事>

  • 就職準備の第一段階・計画
  • 高卒の就職希望者の就職率
  • 高卒の就職と苦手な電話応対対策

  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る