管理栄養士について

①管理栄養士の仕事とは?
 管理栄養士は、食事から人々の健康をサポートするお仕事で、女性はもちろん、男性でも働くことができます。管理栄養士と言うのは、個人や団体に向けた栄養指導や食事の管理や調理指導、献立の作成なども行います。

 勤務先によっても違いますが、高度な専門知識が必要な事も覆う、病院や介護施設で患者さんへの特別なケアが必要な場所働く場合には、医学に基づいた知識もとても大切になります。

 病気と栄養、食事の関係性などの専門知識が必要で、一般的な数的な結果や結論だけではなく、その人に合わせた栄養指導をしていかなければならいことも多いです。

 管理栄養士としての知識が活かされるのは、お仕事だけではありません。自分自身の健康、親や子供の家族の栄養管理ができますので、将来とても重宝することが間違いありません。

②活躍できる仕事場は?
・病院
 病院での食事の管理をする仕事です。毎日病院で過ごす入院患者への食事の提供です。入院患者の症状により、一般職とは違う食事制限があります。減塩、流動食、低糖質などの特別なケアが必要となります。

・教育施設
 小・中学校の献立や給食づくりはもちろんのこと、教育現場での栄養、衛生管理をする仕事です。場合によっては、家庭と連携することもあるお仕事です。

・矯正施設
 刑務所、少年院などの矯正施設で収容者の食事を出す仕事です。給食を作り、栄養をサポートする現場となります。

・行政
 市町区役村の地域の保健センターや保健所で働きます。子供が生まれた家庭、お年寄りがいる家庭など、個別に指導しに行くことや、イベントでの栄養指導をすることがあります。

・栄養指導
 1つの施設に努めるだけでなく、幅広い栄養指導ができます。料理教室、レストラン、評論家等へアドバイスをする仕事もあります。

・福祉施設
 少子高齢化の影響で、近年デイサービスや老人ホームが急増しています。福祉施設での給食を作る仕事で、お年寄り向けのお食事メニューを考えます。また、給食を提供する認可・否認可の保育所での食事作りもします。

③アドバイス
 栄養管理士は、食事と食べ物に関する知識が必要です。また、自分で調理をする現場も多くあります。どのような職場につくかによって細かな知識や働き方が違いますが、一貫して言えることは、食事と栄養に興味がある人にお勧めです。

 自分自身の健康を保ちたいという人や、ダイエットや食育、お料理が好きと言う人はお仕事を通してのやりがいを感じられるはずです。

 また、投薬をする医師や薬剤師とは違った方面で、人を直接健康にする、人の役に立つことが好きだという人は、管理栄養士の仕事に就けば楽しく働けるのではないでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る