簿記検定について

1.簿記検定というけれど 
 一言で簿記検定といいますが、現在は3つの簿記検定が実施されています。ひとつは日本商工会議所が主催する日商簿記検定(日商簿記)であり、もうひとつは全国経理教育協会が主催する簿記能力検定試験(全経簿記)、そして最後に公益財団法人全国商業高等学校協会が主催する簿記実務検定試験(全商簿記)です。この中で全経簿記は経理系の専門学校在学生が受験することが多く、全商は商業高校在学性を対象として実施される資格試験です。中でも日商簿記は知名度も難易度ももっとも高く、このため就職に最適な検定試験とされています。一方全商簿記検定がもっとも易しいとされています。簿記検定の上級資格として税理士がありますが、最上位試験に合格すると日商簿記(1級)または全経簿記(上級)には税理士の受験資格が得られることになりますから、更なる目標ができます。難易度順に並べると日商簿記、全経簿記、全商簿記といったランク付けが一般にされていますが、受験初心者は全商簿記合格をステップに日商簿記へ、全経簿記から日商簿記へ、あるいはいきなり日商簿記3級へ、といった様々な受験パターンが組めますので、自分のレベルに合ったステップで上位を目指すことが可能です。

2.就活のためになりますか 
 さて、簿記検定って就職のためになるのでしょうか。答えはYesです。理由は簡単です。趣味で簿記をしますか。普通しませんよね、暇つぶしにBSやPLを作ったりなんてことは、まずないでしょう。それではどこで使うか、そのスキルをどこで活かすか、といったら、考えるまでもなく仕事の場ですよね。それも経理業に特化した資格試験ですから、「私は幼い頃から経理職に就きたいと思っていました。」等と熱っぽく語るよりもよほど説得力があるというものです。 
 それでは具体的に就職にどういったメリットがあるのでしょうか。 

1)向上心、向学心、目標に向かう強い意志が具体的に伝わります。  
これは何も簿記検定試験に限ったことではありませんが、前へ進む貪欲な姿勢は採用側に眩しく映るものです。 

2)合格イコール即戦力となります。
多くの試験では単に資格を取っただけでは弱く実務経験を積んでいないと真の評価が得られないケースがありますが、簿記検定は比較的そういうこともなく、経理業務に取り組む処方箋として高校新卒者が検定試験合格後直ちに就職活動しても採用側からの高い期待と評価が得られます。

3.まとめ 
日商簿記検定について言えば、1級から4級までのレベルに分けられています。他の簿記検定中でもっとも難しいといわれるだけに、どのレベルでも就職に効果を発揮すると思うと期待が外れます。このランク分けはいきなり頂へではなく一歩一歩着実に上へ上るためのステージが用意されていると思ってください。従って実務に活かそうとすれば3級より上の級、つまり商業簿記と工業簿記の2科目の試験からなる2級以上を取得することが望まれます。ですから例えば中学で4級、高校在学中に3級、高校3年生で2級合格等というように高校卒業時には2級以上の合格証をもって就職に臨むといいでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る