計画・目的に沿った仕事探しを

意味のない仕事探しは避けること

 就職準備の段階で就職活動の計画を立て、就職する目的や活動の最終目的も定めておかなければなりませんが、それらは全て次の段階である仕事探しに繋がります。

 意味のない仕事探しを避けることができるのです。特に大きな意味を持ってくるのが、目的の部分。

 どんな仕事に就きたいのかやどんな自分になりたいのかなどが明確になっていれば、それに沿った求人情報を獲得すればいいわけですから、情報収集の時間や労力なども目的がない場合や人と比べて、大幅な削減となるでしょう。

 求人情報が溢れている現代だからこそ、そうした前準備をする必要があるわけです。
 

仕事探しの途中の路線変更はあり?なし?

 事前に定めておいた計画や目的に沿った仕事探しをしていても、あらゆる求人情報を目の当たりにするうちに、徐々に気持ちに変化が出てくることがあるかもしれません。

 それに伴った計画の変更や目的の差し替え、これは決して間違った行為ではありません。高卒で就職を目指しているわけですから、採用されれば初めての就職となるはずです。

 慎重になるのはいいですし、社会を知れば知るほどやりたい事や気持ちに変化が出てきても何も不思議ではないのです。

 その変化に従い、しかし慎重に考えながら新たな計画を立て、目的を定めてみましょう。そこからまた求人情報を集めるなど新たな仕事探しに取りかかればいいのです。
 
 
<関連記事>

  • 就職サイトの求人票のチェックポイント
  • 悪い求人に引っかからないためには

  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る