面接時の服装で決まる第一印象

12414232

当たり前の服装で臨むこと

 面接では、当たり前とされている服装で臨む、これ以外の選択肢はありません。私服で来るように指示されたケースを除いては、ダークなカラーのスーツで臨むようにしてください。

 黒や濃いめのグレー、スーツと靴、靴下、カバンはこれでまとめておきましょう。ワイシャツは白、ネクタイは落ち着いた色で、これも当たり前の柄を選ばなければなりません。

 迷った時にはストライプを選択するのが無難です。ドット柄でも構いませんが、ドットが大きいとポップな印象になってしまうので気を付けましょう。

 時計も派手なものは避け、無駄な装飾はしないように気を付けてください。女性も色や注意点は変わりません。アクセサリーは付けないようにしましょう。
 

ガラリと印象を変える清潔感

 面接に当たり前の服装で臨んでも、あまりよくない印象を与えてしまうことがあります。そうした人は大抵、清潔感に欠けています。

 カラーの選択は間違っていないけれども、そうしたスーツにフケやホコリがついている、糸くずがついていたら全て台無し。

 それだけで第一印象は崩れ、そして人間性にも疑問を持たれてしまう、それが面接というものなのです。スーツが破れている、カバンや靴が擦れていたりするのも清潔感を失う原因となります。

 さまざまな企業で面接を受ける人も出てくると思いますが、その都度、それぞれのアイテムにそうした汚れや傷がないかをチェックし、フケやホコリなどがないかを確認した上で面接室に入るようにしましょう。

 逆に清潔感があれば、印象は抜群によくなります。
 
 
<関連記事>

  • 入室と退室を自然にこなそう
  • ぶっつけ本番ではいけない面接
  • 面接後のお礼状は“社会人であること”を示すチャンス!

  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る