高卒の就職と苦手な電話応対対策

WS000054

電話応対が苦手とされる原因

 高卒で就職して新社会人となるあなたには、まだ働くうえでのスキルが身についてはいません。新人研修などで、企業が基本的なことは教えてくれますが、実際の業務を通してスキルを磨いていくしかないのです。高卒の新社会人の中でも、苦手意識を持つことが多いことに、電話応対があります。

 電話応対が苦手とされる原因は、相手が見えないことに対する恐怖と、失敗を恐れる気持ちの強さという、2つが考えられます。見知らぬ大人と、電話でいきなりコミュニケーションをはかるのは難しいと感じるのは、何となく予想できます。

 また、敬語の使い方に自信がなかったり、何を確認し、どう取り次げばよいのかが瞬時に判断できず、後で叱られることを恐れるひともいることでしょう。ですが、一人前の業務ができるようになるまでは、電話応対も新人が率先して行うべきことです。苦手意識があるからこそ、克服する方法を真剣に考えましょう。

電話応対への苦手意識を克服したいなら

 電話応対は、数をこなして慣れることでしか上達しません。ただし、電話応対の基本を身に付けておけば、失敗を減らすことはできます。新社会人向けのビジネスマナー本などに、電話応対の基本のページが用意されていますので、基本的なマニュアルを作成しておきましょう。

 電話は3回以上鳴らさない、受話器をあげたら元気よく社名を名乗る、相手が社名や名前を言ったら「いつもお世話になっております」と挨拶する、電話を取り次ぐ相手を確認し、すみやかに取り次ぐことが、電話応対の基本です。そして、失敗することが多いのは、取り次ぎ方のバリエーションに対応できないからなので、不在時の対応のマニュアルも作成しておきましょう。

<関連記事>

  • 就職準備の第一段階・計画
  • 気持ちの目的と最終的な目的
  • 高卒の就職希望者の就職率
  • 関連記事

    コメントは利用できません。

    ページ上部へ戻る