高卒就職までの5つのステップ

 大学を卒業すれば良い企業に入社できる時代ではなくなってきた昨今の日本。高卒であっても就職する意志があれば十分素晴らしい企業に入り、キャリアを積むことができます。

 ただし、意志だけでは少し物足りない。それプラス、就職活動のノウハウも欠かせないものとなるでしょう。

就職準備は気持ちも必要

 就職活動の一丁目一番地とされるのが、「準備」です。どのような業界で働き、どのような職種に就くのか。

 それをいつまでに実現させるのかなどのプランを練るのが準備の最初の段階。また、「就職するんだ!」という強い気持ちを持つことも準備のひとつとなるでしょう。

<関連記事>

  • 就職準備の第一段階・計画
  • 気持ちの目的と最終的な目的
  • 高卒の就職希望者の就職率
  • 高卒の就職と苦手な電話応対対策

  • 求人情報の集め方

     求人を探してみれば、「高卒以上」が応募対象となっている会社は多く目につきます。

     こうした求人は条件が多少希望にそぐわなくてもキープするくらいの気持ちで情報を集めるようにしてみましょう。

     それが後々、自分を助けてくれるものとなるかもしれません。頭を柔らかくしておくことが求められるのです。

    <関連記事>

  • 計画・目的に沿った仕事探しを
  • 就職サイトの求人票のチェックポイント
  • 悪い求人に引っかからないためには

  • 応募書類の作成

     書類を作成し、それを先方に見てもらうことで、「高卒」という最終学歴を一瞬忘れさせることも不可能ではありません。

     それほど人間性が表現されるのが履歴書をはじめとした書類というもの。「高卒だからこんなもん」といった気持ちにならず、練りに練って良い履歴書を作り上げることを意識しましょう。

    <関連記事>

  • 効果的な履歴書の書き方
  • 履歴書は全て見られている
  • 履歴書の中での学歴の重要度
  • 履歴書の本人希望欄の役割

  • 面接は元気とやる気

     高卒にも関わらず面接を受けさせてくれることになったのであれば、かなりの脈あり。

     実際に会った時に元気さとやる気を表現できれば、内定は手に入れたようなもの。社会人経験がないのであれば、もうそうした内面の気持ちを全面に押し出す以外にはありません。

    <関連記事>

  • 高卒で就職を目指すあなたに~面接の注意点~
  • 面接時の服装で決まる第一印象
  • 入室と退室を自然にこなそう
  • ぶっつけ本番ではいけない面接
  • 面接後のお礼状は“社会人であること”を示すチャンス!

  • 入社準備は余裕を持って

     就職するということは企業に入社するということ。そのために用意しておかなければならないものは多々あります。

     事前に会社に確認しておくようにしましょう。この入社準備は入社日ギリギリに行っても間に合わないことがあります。これも含めて就職活動であることは忘れずにいてください。

    <関連記事>

  • 入社の挨拶は臨機応変に
  • 入社前にチェックしておくべきポイント
  • 途中入社における注意点とは
  • 面接で“試用期間がある”って言われてビックリ!

  • ページ上部へ戻る